飲食店

【料理修行】個人店の場合【メリット、デメリットも解説します】

投稿日:2020年11月9日 更新日:


2020年11月に本記事を作成しています。

その前提で本記事を読んでください。
                                                                
本記事は

これから飲食店をやろうと思っているけど、

修行先をどこにするか迷っている

                                                                
という方向けに書いております。

コロナ不安が世の中を包んでいますが、飲食業界に入ってくる人はまだまだ多いですね。

店が減っていく=ライバルが減る=チャンス!

と、考えている方もいます。

また

本当に飲食が好きでこれを仕事にしたい!

と考えている人もいます。

飲食店を開業するには、いろいろ勉強する必要がありますが、

個人店で料理の修行をするメリットとデメリット

                                                                 
について解説します。

前提として、修行先は個人店でも会社経営の店にしてもしんどいのは変わりません🤣

給料低い

休みが少ない

労働時間は長い

体力的にキツイ

                                                                
これ、飲食業界では当たり前です。

きびしいけど、ホントのこと。

その位努力しないと、利益が生まれないビジネスモデルです。

それでも

自分のお店で、お客さんを幸せにしたい!

という方は本当に素晴らしいと思います!

そんな方のお役に立てれば幸いですm(_ _)m

個人店のメリット

直接教えてもらえる

人数が少ないので、シェフから直接教えてもらえるチャンスです!
                                                                

                                                                
普通は先輩から教わることが多いのですが、

個人店だとシェフから教えてもらうチャンスが増えます。

美味しい料理を学べる

個人店の料理のクオリティーは高いです。

一方、大手のチェーン店は、食材の大量仕入れでコストを抑えられますし、

セントラルキッチン(仕込みを1か所で行うこと)で人件費コストも抑えてます。

個人店はそこでは勝てないので、オリジナリティーで勝負します。

その一つが料理です。

料理そのものが美味しかったり、珍しい料理を提供して

お客様を呼んでいるのです。

常連さんとの付き合い方が分かる

個人店にとって、お店によく来てもらえる常連さんとなかよくなることは

非常に大事です。

口コミで良い評判が立つし、他のお客様を連れて来てくれたり(^O^)

自然と売り上げが上がりますよね?

なので、常連さんの希望を可能なかぎり聞くほうがよいです。

メニューにない料理を作ったり。

誕生日を祝ったり(プレゼントを用意。ワンドリンクサービスでも喜ばれます)。

遊びに誘われたら、断らずに誘いに乗ったり。

                                                                
地域密着型であれば、特に気をつけましょう。

ご近所付き合いのやり方が分かる

個人店は大手のお店よりも応援されやすいです。

特に同業者からが多いですね。

オーナーが人付き合いが上手ければ、色々ありがたい情報が入ってきます。

タチの悪いお客さんの情報をいただいたことがあって、

その対処法を教えてもらったり👍

足りない食材を貸してくれたり。

助け合いは大事♪

個人店のデメリット

給料が低い 休みが少ない

一般のサラリーマンの給料よりも低く、休みも少ないのが料理業界です😢

自分の例をあげると、約15年前の話ですが(勤務地は神奈川県でした)

月給16万円

月4回休み

勤務時間 10時~23時(休憩15時~17時)

                                                                

お給料と勤務形態はこんな感じでした。

月4回しか休みが無いのかよ……

と思った方もいると思いますが、これが一般的な個人店の勤務形態だと思います。

さらに言うと、住民税、保険料、年金は個人で払わなければいけませんでした。

ムリゲーかよ……!
これから、個人店で働く方は必ず福利厚生がしっかりしたところを選んでください!

保険がきかなかったので、病院も1度しか行けませんでした( ノД`)シクシク…

休みの回数ですが、月に4回休んでも、毎日営業しても家賃は変わりません。

当たり前ですよね。

だったら、出来る限り営業をして売り上げを伸ばしたほうがいいですよね?

スタッフが大勢いる場合は、そのかぎりではないです😂

勤務時間はだいたい13時間程度。

休憩時間は2時間ありましたが、

仕込みが多い、予約がいっぱいある場合は休憩時間に仕込みをします。

また、お客様が遅くまで残る場合はそれに付き合う必要があります。

もちろん料理やドリンクを注文してもらう前提で🤣

休みの日が休みじゃない!

休みの日はゆっくり休みたいところですが、常連さんに遊びに連れて行かれることがあります。

ご飯をごちそうになることが多いかったので、ありがたかったですm(_ _)m

しかし、それ以外の遊びもありまして……

早朝から釣りに連れていかれる

パチンコに連れていかれる

BBQに誘われる

                                                                
下手すりゃ、働くよりも時間が長いこともあります。

休みの日は、一人で過ごしたい方はシンドイかな……。

学べる料理の幅がせまい

料理のクオリティーは高いのですが、バリエーションは狭いです。

それは当然で、大手のお店に比べれば、

働いている料理人が少ない

取引する業者さんが少ない

                                                                 
大手のお店は商品開発部があったり、料理人が多いのでアイデアもいっぱい出ます。

また、野菜の業者さんでも2、3社と取引をしているので

価格を比べる事もできるし、使える食材も増えます。

辞めづらい

辞める時は早めに言うようにしましょう。

個人店だと、本当に次に雇える人を見つけるのが大変です。

有名店、大手はほっといても人は集まるんですが……。

次の就職先に早く行くためにも、最低でも1か月前に言いましょう。

重要

法律上はいつでも辞めれます。

しかし、お店に迷惑をかけないために

1か月前に言うのが暗黙の了解になってます。

                                                                

<まとめ>

個人店で働くメリット、デメリットを解説しました。

シンドイことが多いですが、自分が独立してお店を出す時に

非常に勉強になることは間違いないです。

ただ、あまりにも労働環境が悪ければ、ムリせずお店を変えましょう。

修行だからといって、必要以上に自分を追い込まないでください( ;∀;)

修行中も自分の幸せを削らず、マイペースでいきましょう!

スポンサーリンク



-飲食店

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【タバコ】飲食店の中の人は吸ってます!【シェフはタバコ好きが多いって話】

2020年4月から、ほぼすべての飲食店でタバコが吸えなくなりました。 タバコのにおいがキライな人は喜び、 タバコを吸う人にとってはますます肩身がせまくなりました。 自分はタバコがキライなので、禁煙化は …

【実体験】飲食店の労働時間は長い!休みは少ない!じゃあ、どーする?【社員さんの場合】

飲食店ではじめて働く、またはこれから働こうと考えているみなさんに向けて 本記事を書いてます。 飲食店にもつイメージの一つとして 飲食店の労働時間って長いってホント? と思う人は多いと思います。 20年 …

『仕事が覚えられなーい!!!』と悩んでいるあなたへ、飲食店で仕事を覚えるコツ5選【キッチン編】

キッチンバイト初心者にありがちな悩みとして 『なかなか仕事が覚えられない……』 というのがあります。 ですが、それは当然です。 飲食店のメニューはいっぱいあるし、自宅で作るような料理は少ないからです。 …

キッチンバイトの仕事内容って?【飲食歴20年の自分が教えます!】

キッチンバイトをしてみたいけど、仕事の内容ってなんだろ? そんな悩みにお答えします! 最初にお伝えしたいのが、 料理をすることだけが、キッチンバイトの仕事じゃないよ! ってことです。 大学生からアルバ …

【実体験】飲食店で働くと、葬式に出れません【自分の責任でもあります。解決策も解説】

飲食業界で17年間働いてきました。 その中で辛かったことの一つは休みが少ないこと。 個人店では週4休み(しんどかった) 優良企業で週8休み(良い会社でした) ベンチャー企業でほぼ休みなし(……地獄) …